FC2ブログ

ドイツその13 ライン川の古城

ドイツ旅行といえば
ライン川下り。
両岸の古城を見ながら
まったりフェリーでクルーズ
ってのが定番ですが
冬はフェリーは動いていないの(;;)

で今回はバスで川沿いの道をドライブです。

右下のリューデスハイムに
つむぎ横丁があって
ここからスタート。
ライン川の右岸を上に向かって進みます。

x1

↑上の地図にも載っているネズミ城。
バスに乗ってすぐに遭遇。
城っていうより灯台だよね
ネズミ城って名を持つ城はもうひとつある。
どっちが正解かは不明
x1001

古いお城が次から次へと登場
x1002.jpg

x1004.jpg

5つの国をまたいで流れるライン川。
交通の要所です。
城というより税関、通行税を徴収するための建物が集まっているそうです。
x1005.jpg


山の上のお城は
ユースホステルなんですって!
内装は日本のワンルームマンションみたいに
白い壁紙の平凡な内装で
2段ベッドが並んでいるそうです
x1007.jpg

中州もあるから水深は浅いのかな?
x1006.jpg

船が浮かんでいるように見えるけど
中州にお城が建っています。
x1008.jpg

中州のお城。
横からみるとちょっと安っぽい
x1009.jpg

山の上にはお城
x1010.jpg

ローレライが見えてきました。
右側の崖がローレライ
x1011.jpg

ローレライの崖を通るトンネル。
汽車が走っています。
トンネルも古城みたいでかっこいいです。
x1015.jpg

バスの窓から見上げたローレライの崖
これに船乗り達が激突した
危険な崖
x1014.jpg

崖の近くの中州にローレライの銅像もある
x1012.jpg

ローレライを通り過ぎてすぐにみえます
ネコ城!
城主の名前を略してカッツ城、ネコ城と呼んだそうです。
このお城の今の城主は日本人。
今は友人知人のみ宿泊できる
プライベートホテルなんですって!

小杉恵(サトシ)さんが購入したのは1990年ころ
補修には購入額の3倍の約10億円、家具に約2億円を費やした…
そうです。ネット上の情報です。
でも素敵なお話ですね。
x1013.jpg

このあたりでユーターンして
来た道を戻ります。
x1016.jpg

同じ道でも違うお城が見えたりします。
x1017.jpg

ライン川沿いを走る列車の駅。
x1019.jpg

リューデスハイム、つぐみ横丁を通り過ぎて
フランクフルトに向かいます。
x1020.jpg

夕暮れにフランクフルト到着
x1022.jpg

都会ですねえ
x1021.jpg


飛行機の時間まで少し時間があったので
1時間ほどフランクフルトをフラフラできました。
お店は全て閉まっているんですけどね。
日曜日だから…(;;)
x1023.jpg

補修中の大聖堂を見に行きました。
x1024.jpg

ゴーストバスターズみたい。
x1025.jpg

空港内のカフェで軽食。
おいしいキッシュでした。
x1027.jpg

JAL機内食。
おいしかったです。
JALはエコノミーでも
足掛けもあったしヘッドホルダーもあってかなり快適。
映画やドラマも豊富でした。
飛行機の時間も良くて
3泊5日だけど三日間フルに動けるのは
かなり良い!
ずっとスカイチームだったけど
JALいいかも~
x1026.jpg

【総括】
ほぼ初めての添乗員・観光つきツアーでした。
良い所は
安い!ラク!

あまりに安いので
みやげ物屋に引き回されるんじゃ?と警戒してたけど
最終日のワインくらいでした。

食事もほぼ全て付いているし
現地のお店はほとんどクローズ状態で
使ったお金は2万円くらい!
ものすごーく安上がりな旅行でした。

添乗員さんも良い人で
読売旅行の社員さんでした。

【不満な点】
時間厳守。あたりまえなんだけど
フリーで旅行するのに慣れているとツライの…

効率よく色々な観光地を回れるのはすごくラク!
全ておまかせ!何も考えなくてOK!
なんだけど
海外旅行した~って気があまりしないの。
立ち寄った街の名前も思い出せないような希薄な旅なの。

バスで移動が多くて
バスの中は“日本”なんだよね。
日本人の集団として動くので
集団のサービスは受けられるけど
個人の尊重はしてくれないサービスなの。

ドイツ3泊5日って短すぎないかなって
思ったけど、ちょうど良かったです。
これ以上まわっても
きっと記憶が
ごっちゃになってしまうだけ。

雨も雪も降らずに
気候に恵まれました。
冬のドイツは安いけど
大雪や大寒波のリスクはあります。

次回はフリーできままに
滞在したいな@ドイツ


【ドイツまとめリンク】
ドイツ1日目
成田からドイツ到着まで
ローデンブルグのホテル
厳寒!夜のローデンブルグ
ドイツ2日目
ローデンブルグ散策
ローデンブルグ散策続き
ローデンブルグの人形博物館
ローテンブルクからディンケルスビュールへ
ユーロパーク フュッセンのホテル
ドイツ3日目
ノイシュバンシュタイン城
ヴィース教会
ドイツ4日目
ハイデルベルグ
つぐみ横丁とワイン
ライン川の古城 フランクフルト

スポンサーサイト

ドイツその12 つぐみ横丁とライン川


早朝のハイデルベルグを後にして
又バスに乗ります。
フランクフルトまで。

途中の景色。
ドイツの家庭菜園場なんですって。
土地を借りて作業小屋でバーベキューしたり菜園つくったり
ピグみたい。
v001.jpg


ドイツの都会
フランクフルトが見えてきました。
v002.jpg


古い建物と新しい建物が混ざっていて
独特な雰囲気の都会
v004.jpg


フランクフルトといえば
あれですよ。
クララが住んでいた所ですよね。
こんな綺麗な場所でもハイジはガマンできなかったのか…
v005.jpg

ここで、午後のオプショナルツアーに参加しない人達は
バスを降ります。
夕方又ここで集合。

フリーの人達は市内散策にいったり、
ケルンの大聖堂を見に列車でケルンまで行くと言っている人達もいました。

日曜日なのでお店が全てクローズなのがすごく残念。
日曜日に営業すると違法なんですって
v003.jpg

私たちはオプショナルツアー
ラインの真珠リューデスハイム 昼食付き 9000円
参加しました。

バスでリューデスハイムに向かいます。
v006.jpg

ワイン畑が広がる道をすすみます。
v007.jpg


v008.jpg

これがツグミ横丁。
入り組んだ小さな路地にお店が並んでいます。
…でも全てクローズ… 日曜日だから… (;;)
v009.jpg

ここで昼食。
ハイデルベルクから動き出してやっと昼食時だよ?
普段の自分では考えられない活動量。
v010.jpg


v011.jpg

ゴージャスな店内
v012.jpg

わりといい雰囲気かも
v013.jpg

ちょっと期待したけど
v014.jpg

普通ーーー
v016.jpg


v015.jpg

記憶に残らない普通さ
v017.jpg

大食いの男性だったら怒るかも?って内容でしょ。
誰も怒ってないの。
ツアー後半でみんな胃がもたれてるんだよね…

付け合せのサワーキャベツが初日に食べたモノと同じサワーキャベツ…
冷凍食品とかの既製品だよね?
ドイツがこんなもんなのか、ツアーだからこんな物なのかは不明。
v018.jpg

食後は添乗員さんとツグミ横丁散策。
v019.jpg

お店が開いていればきっと楽しい街。
v020.jpg


v021.jpg

その後ワインの試飲に古い城に向かいます。
v022.jpg


v023.jpg


本当は休館なんだけど
特別に開けてくれたんですって
v024.jpg

ヨロイが迎えてくれます。
v031.jpg


紀元前の陶器とかワインにまつわるコレクションが充実していました。
v025.jpg


v026.jpg

窓からライン川がみえる素敵なお部屋で
ワインの試飲会です。
v027.jpg

杜氏?のおじさんが説明してくれるのを添乗員さんが通訳してくれます。
普通の説明。

この後、“日本では高級なアイスワイン”が販売されるのはお約束。
v028.jpg

お城の中庭の井戸
v030.jpg

井戸といってもライン川はすぐ前に流れてるし
川の水だよね?
古くて怖い感じは良かった。
v029.jpg

この後バスに乗って
ライン川沿いドライブです。

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

ドイツその11 ハイデルベルク


ドイツの最後の日です。
u210.jpg

ホテルの周りは、わりと都会
u220.jpg

朝食後、バスに乗ってハイデルベルクまで。
荒れた古い城と古い町並みが残る川沿いの街です。
u250.jpg

川向こうはお金持ちの住む地域だそうです。
集合住宅なのか個人宅なのか分からないけど
立派な建物が並んでいます。
u251.jpg

ハイデルベルグの街。
歴史のある大学のある街だそうです。
添乗員さんについて回ります。
u252.jpg

朝早いので誰もいません。
u253.jpg

町の中心もたいな広場
u254.jpg

写っている人は皆同じツアーの人達。
ほぼ無人の街
u257.jpg

広場から見上げるとハイデルベルク城。
u255.jpg

かっこよく撮ってみました。
荒れっぷりがいい感じ。
u256.jpg

添乗員さんに付いてどんどんすすみます。
u258.jpg

教会。
残念ながら中に入れません。
冬だし朝早いし… (´;ω;`)ウゥゥ
u259.jpg

全部素敵な建物に見えるのだけど
歴史的由来のある有名な建物も点在します。
これは騎士の家だったかな?
添乗員さんが説明してくれながら回れるので
よくわかります
u260.jpg

騎士の家の所有者が韓国人になってるそうです
ハングルの看板はやめようよ…('A`|||)
u261.jpg

茶色のゴテゴテ装飾の家がもっとも古い建物だったかな?
u262.jpg

レストランになっています
u271.jpg

誰もいないしお店も開いていません…
u263.jpg

こういう中華料理屋はまだ街になじんでるけど
u265.jpg

中華文字の免税店はなんかイヤ
u266.jpg

レースも中国製に見えてくる…
中国製だよね?コレ
u267.jpg

サブウエイもイマイチこの街に合わない
u268.jpg

昔、この街の大学に通っていたプリンスと
ウエイトレスのロマンティックな悲恋があったそうです。
チョコレートのパッケージになっています。

お店開いてないから買えないけど… (´A`。)
u264.jpg

誰もいない街。綺麗な石畳です。
石が冷えて底冷えしています。
こういう、ひっそり感も冬ならではでいいかも
u269.jpg

学生の懲罰ハウス。
昔、学生をここに閉じ込めて罰したそうです。
今はなんかの博物館だったかな?
開いてないので入れませんでした。
u270.jpg

この街は見上げるとすぐにハイデルベルグ城がみえます
u272.jpg

カールテオドール橋。
街にかかる橋です。
u273.jpg

今までの水位が記録されています。
u274.jpg

何が言いたいのか良く分からないけど
マントヒヒの銅像
u275.jpg

顔を入れて写真を撮るんだって。
丸い銅版に触ると又ここに来れるとかなんとか
u276.jpg

バスに5分くらい乗って
山の上のハイデルブルグ城に行きます。
u281.jpg

だれかが雪だるまつくってる
u282.jpg

さっきまでウロウロしていた
街が見えます。
u283.jpg



街から教会の鐘の音が聞こえてきました。
動画に撮ってみました。




u280.jpg

みごとな廃屋っぷり
u284.jpg

全て廃屋ではなくて
ガラスが入って中に明かりがともっている建物もある
u285.jpg

城の中庭
u286.jpg

工事の親方さんの双子の子供が
工事中に遊びに来ていて
亡くなってしまった事故があったそうです。
その双子をしのんで作られたレリーフ
u287.jpg

城の中庭
u288.jpg

上半分は壁だけだけど
下半分は建物として利用されています。
ギリシャ神話の神々が配置されています。
なんでギリシャ神話なんだろ?
u289.jpg


u290.jpg

この建物も素敵な廃屋っぷりだけど
ガラスが入って部屋として機能している部分もある。
u291.jpg

城の門。
丸い金具を歯で食いちぎった者にこの城を与えると
昔、王様が言ったそうです
u294.jpg

この奥から城内に入れます
u293.jpg

重いカーテンをくぐって入ります
u295.jpg

大きなタルのある休憩所みたいな場所
u296.jpg

タルの周りに階段があります
u297.jpg

ぐるっと回れます。
古城っぽい窓がいい感じ
u299.jpg

タルの上
u301.jpg


u302.jpg

螺旋階段も素敵
ノイシュバンシュタイン城はディズニーランドみたいだったけど
こちらのお城の方が歴史を感じます
u303.jpg

1998年7月にここに来た、樋口達也さん…
ずーっとハジを晒してますよ!
u304.jpg

世界中の観光者の落書きだらけです
u305.jpg

いい感じの休憩スペースでしょ。
u306.jpg

u307.jpg

ここはトイレ
u308.jpg

売店もあるの
u310.jpg

ホットワイン 2.5ユーロ 300円くらいかな
u311.jpg

この後又バスに乗って
フランクフルトまで行きます。
フランクフルトまで1時間半。
その後昼食です。

すごく内容の濃い午前でした。
ハイデルベルクだけでも2-3日滞在してもいいな


【ドイツまとめリンク】
ドイツ1日目
成田からドイツ到着まで
ローデンブルグのホテル
厳寒!夜のローデンブルグ
ドイツ2日目
ローデンブルグ散策
ローデンブルグ散策続き
ローデンブルグの人形博物館
ローテンブルクからディンケルスビュールへ
ユーロパーク フュッセンのホテル
ドイツ3日目
ノイシュバンシュタイン城
ヴィース教会
ドイツ4日目
ハイデルベルグ
つぐみ横丁とワイン
ライン川の古城 フランクフルト

sidetitleプロフィールsidetitle

◆

Author:◆
天白区でのんびり生活してます。
名古屋市東部を中心にレストラン、カフェ、雑貨屋の紹介と旅行記など書いていきます。

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
sidetitleアマゾンsidetitle






旅行好きにはお勧めの一枚
275以上の都市500ヵ所以上の
空港ラウンジを無料利用可能
年会費10500円。
旅行保険も自動付帯
旅費をカードで支払わなくても
保険が効く


iHerbクーポン

アメリカの高品質サプリが
激安で手に入る
日本語対応の
アイハーブはお勧め

クーポンIKO330を入力すると
5ドルオフ
iHerb クーポン
2009_02240353.JPG




Expedia Japan【海外旅行のエクスペディア】

CHU:SE

シークレットセール - セシール

大きいサイズ レディース  Otto  オットー・オンラインショップ

オンワード樫山公式ファッション通販サイト

FLANDRE ONLINE STORE

MANGO(マンゴ)

theory (セオリー) 公式通販サイト

基本バナー2012年夏版です。バナーテストで最もクリック率が高かった構成になっております。

オンワード・クローゼット





ベルメゾンネット

ニッセン






YOOX.COM(ユークス)
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleリンクsidetitle




    名古屋市昭和区のレンタルスペース
    300円で時間無制限。
    英会話教室とかヨガ等の
    参加もリーズナブル
    あつまるところしゅしゅ
    ◆あつまる所シュシュ


    オーガニックコスメ・サプリメントを
    激安個人輸入
    アイハーブ生活
    ◆ビタミンCatのアイハーブ生活




    応援しています。
    福島・被災地ペットのレスキュー
    in016e.gifin016e.gifin016e.gif

    ◆にゃんことバーベキュー

















    Booking.com






  • 管理者ページ